ベトナム基本情報 | ベトナム外資規制

ベトナムの直接投資の形態 | 海外進出アドバイザーズ

LOIとは、直接投資について、
合弁企業、100%外資企業(FOE)及び契約ベース投資(BCC又はBOT/BT/BTO)の基本的な形態を規定しています。

合弁企業

基本的に、外国人投資家とベトナムのパートナーが、共同で企業設立を申請する形となります。投資家には合弁企業を作成するための2つ方法があります。
(1)新しい企業の設立 ※合併や買収を含む。
(2)企業の株券等の購入を介した既存の企業への参加。

合弁会社は、1名以上の構成員による有限責任会社、株式会社、又はパートナーシップとして設立できます。設立された法人は、以下の対象者間で締結された合弁企業契約を根拠とする、有限責任の法人となります。

(1) ベトナム当事者と外国当事者
(2) ベトナム当事者と100%外資企業
(3) 合弁企業と外国当事者
(4) 合弁企業と100%外資企業
(5) 2つの合弁企業。


100%外資企業(FOE)

100%外資企業は、上記に示した企業の形態の下で、一名又はそれ以上の外国人投資家によって設立された法人のことを言います。100%外資企業の一般的な形態は、パートナーシップが義務づけられている場合を除けば、LLC又はJSCと呼ばれます。

外国人投資家は、最低投資資本規制の対象となりません。


事業協力契約(BCC)

BCCとは、1つ以上の特定の業務を営むための協力の目的を持って、1名又は2名以上の外国人投資家と、1名又は2名以上のベトナムパートナーによって締結された契約のことを言います。

この投資形態は、新たな法人を構成せず、投資家は、BCCの債務に対する無限責任を負う形となります。
ベトナムの法的枠組みに基づいて、契約当事者は、各当事者間の事業対象、内容、利益、義務と責任について、自由に決定可能であり、その決定を本契約に明記することができます。



投資の形態によって、責任の種類が変化します。詳しい情報は海外進出アドバイザーズまでお問合せくださいませ。

ベトナム進出支援! まずはお気軽にお問い合わせください!! 海外進出企業を完全支援サポート 0120-952-008 受付時間 9:00〜18:00 (土日・祝日を除く) Overseas Expansion Advisers Vietnam 海外進出アドバイザーズ ベトナム お問い合わせ
登録する