ベトナム現地リポート | 暮らし・生活

2015.11.16ベトナムでお誕生日

Xin Chao! 先月よりベトナム現地レポートを担当している私ですが、このたび、初めてベトナムでお誕生日を迎えました。

「海外でお誕生日、羨ましい」と思われますか? いえいえ、ベトナムは事情が違うのです。ここでは、お誕生日は自分でパーティを開き、家族や友人をもてなします。ベトナム風のお鍋をつつきながらのお祝いが多いようです。

お誕生日に限らず、何かいいことがあったら、何かを奢ります。新しい会社に入社した、新しく車を買った、試験に合格した等々、機会を見つけては奢ります。選ばれるものは、ドーナツ、アイスティ、スムージー、チェー(ベトナム風ぜんざい)等が多いようです。どれも、1つ20,000VND(110円くらい)程度のものですが、フロアにいる社員全員とか、同じ仕事のグループメンバー全員に振舞います。

初めて聞いた時は、「えっ自分で?」と思いましたが、よくよく考えてみれば、日本にも「引越し蕎麦」の風習があります。お中元やお歳暮もお世話になった方への感謝の気持ちの表れです。こちらでも、これからお世話になります、あなたと一緒に仕事をしたおかげで新しい車を買えました等々、日ごろの感謝を伝えるチャンスなのかもしれません。

お誕生日は、どこでも大切な日ですが、ベトナムでは特に重要視されているように感じます。最近は、FacebookやSkypeにお誕生日が表示されることもあり、その日1日、会う人会う人、お祝いを言っていただきました(もちろん、そのたびにご馳走するわけではありません。)

また、ベトナムは、業務の専門性が高く、能力を活かして転職することが多いため、会社としては、経験を積んだ社員に、少しでも長く働いてもらおうと、福利厚生に力を入れます。お誕生日もその一つで、その月にお誕生日を迎える社員で昼食会とか、ケーキやフルーツ、スィーツを買ってみんなで食べたりしています。
 
ある調査によると、ベトナム人が喜ぶ福利厚生は、社員旅行、忘年会等社員参加のパーティ、上司と個人的に飲みに行くこととか。賞与や有給休暇の日数では、差別化に限界がありますが、こういう部分なら工夫のしがいがあるように思います。
 
日本人はシャイな上司が多いですが、たまには親睦を深めてみるのもいいのではないでしょうか?

ベトナム進出支援! まずはお気軽にお問い合わせください!! 海外進出企業を完全支援サポート 0120-952-008 受付時間 9:00〜18:00 (土日・祝日を除く) Overseas Expansion Advisers Vietnam 海外進出アドバイザーズ ベトナム お問い合わせ
登録する