ベトナム現地リポート | 暮らし・生活

2015.04.27背番号付きの木

今回は国有林の宿命についてお話をしてみたいと思います。

写真の木はホーチミンのレタントン通りにある街路樹です。細身の木ではありますが、きちんと28Aと背番号が付けられています。

ベトナムは社会主義国ですから土地は全て国の所有となります。道路に植えられているこうした街路樹も国のものですから番号が付けられて管理されている訳です。

日本の国有林もやはり同じように管理されていると聞いています。特に高級な樹木については1本、1本きちんと管理されているようです。このように番号を付けているかどうかは不明ですが、管理台帳などで維持管理されています。

話は少し飛んでイングランドのお話になりますが、イングランドの土地は全てエリザベス女王陛下が所有をしていると聞いた事があります。

女王陛下はその土地を999年間という借地権で大貴族に貸します。大貴族はその土地を今度は100年間という借地権で普通の貴族や企業に貸します。そして一般国民は50年間という借地権で土地を借用し住んでいるようなのです。土地の所有に拘る我々日本人には少し理解が難しい世界の常識ですね。

ホーチミンのこのか細い街路樹が可憐なうちに帰国をしたいと、ふと考える今日この頃です。

ベトナム進出支援! まずはお気軽にお問い合わせください!! 海外進出企業を完全支援サポート 0120-952-008 受付時間 9:00〜18:00 (土日・祝日を除く) Overseas Expansion Advisers Vietnam 海外進出アドバイザーズ ベトナム お問い合わせ
登録する