ベトナム現地リポート | 文化

2014.10.06何の線?

これは電話ケーブルです。この風景はホーチミンに限った事ではなく東南アジアではごく普通の風景です。

私は長年電話の仕事をしてきましたので、特にこの風景が気になります。しかし更に驚くのはこうした電話線を器用に修理をしている電話会社の社員を見かけた時です。私の専門は無線技術でしたので、この様に多数のケーブルを取り扱う方にはまさに脱帽です。

東南アジアのいくつかの首都はこのような状態でインターネットへ接続をしたりケーブルテレビジョンを楽しんでいます。それでは日本はどうかというと、電信柱から整然と住宅に電話線(光ファイバー)が引き込まれています。またある地域では地下配線がされています。

これまでの経験から一度モータリゼーションが始まってしまうと道路工事を行うのは大変困難になってしまいます。そこで都市部の地下にはとう道と呼ばれる大きな土管のようなものが設置され、電話ケーブル、ガス管、水道管などが敷設されます。

これらは都市計画により実施される訳ですが、急激な経済発展は時として都市計画を置き去りにしてしまう事があります。経済発展優先政策が後の社会に大きな課題を残す結果となる訳です。

写真のような電話ケーブルの束は私たちに何かを訴えかけているように思えてなりません。スマホブームが私たちに何を課題として残していくのか、そろそろ考えた方がいいのではないかと思います。

ベトナム進出支援! まずはお気軽にお問い合わせください!! 海外進出企業を完全支援サポート 0120-952-008 受付時間 9:00〜18:00 (土日・祝日を除く) Overseas Expansion Advisers Vietnam 海外進出アドバイザーズ ベトナム お問い合わせ
登録する